経営戦略

経営戦略講座は、「病院経営意思決定に必要な」病院経営の基礎理解から実践的スキルまでを身に付けることを目的としています。

経営が「良い病院」か「悪い病院」かは玄関に違いが出る!

経営戦略1

病院経営 入門編

入門編は、「病院経営の基本的構造を理解する」ことを目的に、病院経営の基礎を体系的に学ぶことができます。入門編とはいえ、病院経営に関わる方にとっては、欠かすことができません。入門編を理解できていないと、病院の経営改善や現場改善はできないと言っても過言ではありません。 経営幹部は勿論のこと、事務部門やコメディカル部門等、病院で勤務する管理職クラスの方々には、是非とも受講していただきたい内容です。

内容

病院を取り巻く環境は、どう変化していくか

・医療政策の見通しを知らずして、経営戦略なし
・地域統合の時代の中で、どう生き残っていくか

病院の基礎理解と病期別の特徴と経営課題を理解する

・病院の内情は、どのような傾向にあるのか
・病期別にどのような特徴があるか、経営課題は何か

病院の収入構造を理解する

・病院経営の本質は、収支構造を理解することでわかる
・病院は装置産業。収入は、どのようにして生み出されているか

病院の費用構造を理解する

・病院の費用構造を見れば、組織体質が見えてくる
・ゼロサムゲームの費用改善は、本質的改善にはつながらない

経営が良い病院、悪い病院の特徴を理解する

・経営が良い病院、悪い病院、玄関で違いがよくわかる
・組織の強さは、“挨拶”と“数字意識”に表れる

学びのポイント

病院経営の基本構造を紐解いていくことで、経営改善の基本的な考え方を学ぶことができます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

【2018年度改定を経て内容を刷新!】

急性期病院の経営戦略を学ぶ!

経営戦略2

病院経営 実践編 7対1 , 10対1

急性期の主流を担っていく7対1、10対1病院は、2025年に向けて一層の集約化が図られていく見込みです。総人口の減少や政策リスク等、今後も暫くは厳しい経営環境が継続することが予想されます。そのような中で、地域において急性期病院としての役割を発揮し、永続的な組織へと昇華させていくためには、急性期病院の経営戦略と経営改善の本質を理解することが必要です。実践編では、2018年度診療報酬改定の内容も踏まえ、7対1、10対1病院が取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。

内容

2018年度改定の7対1、10対1病院への影響を紐解く

・2018年度改定の経営への影響はどうだったか
・2018年度改定により7対1、10対1病院は、地域でどのように生き残るか

7対1、10対1病院のマーケティングと経営戦略をデザインする

・7対1、10対1病院の地域におけるポジショニング選択
・急性期病院は、これからの経営戦略をどう描くか

7対1、10対1病院の経営構造と経営悪化要因を熟知する

・7対1、10対1病院の経営構造はどうなっているか
・7対1、10対1病院の経営悪化要因をシンプルに解明する

コンサルが行う7対1、10対1病院の経営改善手法を学ぶ

・7対1、10対1病院経営改善の取り組みの実際
・院内にあるデータをフル活用することが改善への第一歩

学びのポイント

7対1、10対1の急性期病院だけに絞った実践的経営戦略・改善手法の内容により、各論的な学びが得られます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

【2018年度改定を経て内容を刷新!】

回復期病院の経営戦略を学ぶ!

経営戦略3

病院経営 実践編 回復期領域 13対1 , 15対1含む

2018年度改定により、回復期領域の概念には、一般13対1、15対1も含まれることとなりました。この見直しが何を意味するのでしょうか。一般13対1、15対1病院、地域包括ケア、回復期リハ、これら4つの入院料は、将来的に改めて再編されることになっていくのではないでしょうか。この領域の病院は、200床未満の中小医療法人が多く、制度の行方によっては経営が大きく左右されるリスクがあります。実践編では、回復期領域と称して一般13対1、15対1、地域包括ケア、回復期リハ病院を徹底解剖し、将来の制度的リスクも踏まえた上で、取るべき経営戦略と経営改善の本質を学びます。

内容

2018年度改定の回復期領域病院への影響を紐解く

・2018年度改定の経営への影響はどうだったか
・2018年度改定により回復期領域病院は、地域での立ち位置が問われることに

回復期領域病院のマーケティングと経営戦略をデザインする

・同時改定により回復期領域病院を取り巻く患者の流れはどう変わるか
・回復期領域病院、データから見えてくる2極化の壁

回復期領域病院の経営構造と経営悪化要因を熟知する

・回復期領域病院の経営構造はどうなっているのか
・回復期領域病院の経営悪化要因をシンプルに解明する

コンサルが行う回復期領域病院の経営改善と今後の戦い方

・回復期領域病院経営改善の実際
・回復期領域病院が考えておくべき新たな事業展開の道

学びのポイント

一般13対1、15対1、地域包括ケア、回復期リハ病院だけに絞った実践的経営戦略・改善手法の内容により、各論的な学びが得られます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

【2018年度改定を経て内容を刷新!】

慢性期病院の経営戦略を学ぶ!

経営戦略4

病院経営 実践編 慢性期

慢性期病院は、2018年度同時改定を経て、大再編時代に突入します。医療療養25対1病床、介護療養病床の約14万床が、今後の方向性を問われることになります。この再編により、医療療養20対1病床を持っている病院であっても、医療区分2、3の患者を地域で確保していくことは一層厳しさを増していくことになります。慢性期病院は、急性期・回復期領域病院以上に経営戦略の方向性は多岐にわたり、複雑です。実践編では、慢性期病院としての生き残りの道に加えて、医療・介護の複合化への戦略ステップの考え方を学びます。

内容

2018年度改定の慢性期病院への影響を紐解く

・2018年度改定の経営への影響はどうだったのか
・慢性期病院は、地域でどう立ち回っていくべきか

慢性期病院のマーケティングと経営戦略をデザインする

・同時改定により慢性期病院を取り巻く患者の流れはどう変わるか
・医療・介護の事業複合化の戦略的ステップとは

慢性期病院の経営構造と経営悪化要因を熟知する

・慢性期病院の経営悪化要因は、患者、人、施設の3つ
・慢性期病院を経営改善するためのステップ

コンサルが行う慢性期病院の経営改善手法を学ぶ

・慢性期病院経営改善の実際
・慢性期病院が考えておくべき新たな事業展開の道

学びのポイント

慢性期領域だけに絞った実践的経営戦略・改善手法の内容により、各論的な学びが得られます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

【2018年度改定を経て内容を刷新!】

精神科病院の経営戦略を学ぶ!

経営戦略5

病院経営 実践編 精神科

2025年に向けて精神科病床は現状の約35万床から27万床へと、大幅な削減目標が打ち出されています。約8万床の減床のほとんどは、精神療養病棟、精神一般15対1、認知症治療病棟の3つがターゲットとなっていると言えます。精神科病院を取り巻く経営環境は、かつてないほどに厳しくなってきており、経営戦略の舵取りを間違えると、気付いた時には手遅れになっている状況も予見されます。実践編では、大幅な削減目標となっている病床を有する精神科病院において、地域で生き残っていくための経営戦略と経営改善の本質を学びます。

内容

2018年度改定の精神科病院への影響を紐解く

・2018年度改定により精神科病院は、何を迫られるか
・精神科病院を取り巻く地域環境は、どのように変わっていくか

精神科病院のマーケティングと経営戦略をデザインする

・精神科病院を取り巻く患者の流れはどう変わるか
・社会的入院依存型の経営構造からの脱却の鍵は

精神科病院の経営構造と経営悪化要因を熟知する

・精神科病院の経営構造はどうなっているのか
・精神科病院の経営改善はどのように取り組むか

コンサルが行う精神科病院の経営改善手法を学ぶ

・精神科病院経営改善の実際
・精神科病院が考えておくべき新たな事業展開の道

学びのポイント

精神科病院だけに絞った実践的経営戦略・改善手法の内容により、各論的な学びが得られます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

2018年度改定を経て、病院も在宅・介護・自費領域
への展開が経営戦略上、不可欠の時代に!

経営戦略6

病院のための在宅・介護・自費領域事業展開戦略講座

保健医療のパラダイムシフトは、「キュアからケアへ」です。人口減少とともに大きく人口構造が変化していく中において、病院は「キュア」の領域だけで事業を継続していくという時代では無くなってきています。すでに昨今では、医療機関においても介護事業はやっていて当然、在宅・自費領域にどのように展開していくかが、経営戦略を考えていく上で重要な考え方になってきています。 本講座では、病院の在宅・介護・自費領域への事業展開戦略の考え方を解説するとともに、それぞれの事業の立ち上げ方と事例を学ぶことで今後の事業展開を考えていただける講座です。

内容

同時改定から病院の事業展開戦略を考える

・同時改定と2025年を見据えた病院事業展開のあり方とは
・どのように事業の裾野を広げていくべきか

在宅事業の失敗しない立ち上げ方と事例

・在宅事業の種類と立ち上げ時の検討および注意点
・在宅事業展開の事例を学ぶ

介護事業の失敗しない立ち上げ方と事例

・介護事業の種類と立ち上げ時の検討および注意点
・介護事業展開の事例を学ぶ

自費領域事業の失敗しない立ち上げ方と事例

・自費領域事業の種類と立ち上げ時の検討および注意点
・自費領域事業展開の事例を学ぶ

学びのポイント

病院が在宅・介護・自費領域へ事業展開する際のメリットや注意点、どのような事業からスタートしていくか等を事例とともに学ぶことができます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

​受付終了

 

病院経営は、マネジメントからマーケティングの時代へ!マーケティングにより地域での存在意義を確立する!

経営戦略7

地域医療マーケティング講座

2025年に向けて、医療・介護業界の改革が推進されている中で、医療機関を取り巻く経営環境は益々厳しくなっています。そのような環境下において、地域で生き残っていくためには、地域におけるマーケティングの考え方が非常に重要となります。本セミナーでは、医療マーケティングの本質を「ポジショニング」と「リソース」の2つの視点から解説するとともに、具体的なオープンデータの活用事例や解析方法を学ぶことができます。医療機関にとっては地域での生き残りのための経営戦略を考える機会に、企業にとっては地域で生き残る医療機関を見極め営業戦略を考える機会としていただける講座です。

内容

医療マーケティングの本質は、“ポジショニング”と“リソース”にあり

・医療マーケティングとは何か
・ポジショニング・ビュー、リソース・ベースド・ビューとは

オープンデータの種類と活用方法

・オープンデータの主な種類
・ここまでできる、オープンデータの活用

オープンデータを活用したポジショニングの考え方と実践事例

・オープンデータで地域医療機能の穴と戦う場所を見つける
・オープンデータを活用したコンサルの地域医療マーケティング

院内データの可視化によるリソース把握の考え方と実践事例

・院内データは作ることが仕事ではない!
・院内の共通言語を“数字”にし、勝てるリソースを明らかにする

“ポジショニング”דリソース”によるマーケティング戦略

・マーケティング戦略の立て方
・マーケティング戦略を事業戦略に昇華させる

学びのポイント

オープンデータと院内データの活用手法と考え方を理解することで、地域における自院の存在意義の確立に役立てます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

失敗したら取り返しのつかない建設投資!

オリンピック後の建て替えが本当にベターなのか?

経営戦略8

失敗しないための建替え講座

病院経営で最も改善が難しいのは、建替え投資の失敗です。2020年東京オリンピックや東日本大震災の復興需要を踏まえた最近の建設コストの上昇は、建替えを検討している病院にとっては大きな経営課題となっています。巷では2020年の東京オリンピックが終われば建設需要は下がると囁かれていますが、本当にそうでしょうか? 「これからの建設コストの見込み」や事例を交えながら「病院建替え」における重要なポイントをご紹介します。「投資戦略の考え方」、「建替えに向けた取り組み」などを学ぶことができます。

内容

建替えまでの道のりと建替え事業計画の策定

1)建替えまでの道のり
2)早期の事業計画策定が過大投資を抑制する
3)事業計画で検討すべき内容とは?
 ・病院事業戦略の検討
 ・病院規模・諸室の検討
 ・事業費の推計と収支計画の作成(交付金取得/建設発注方式検討のポイント)
4)まとめ

ここまで変わる!?建替えの実際の実務

1)建設コストの現状と今後~建設コストは下がるのか?~
2) 発注方式の選定プロセス~ここまで変わる!コスト削減・品質向上~
3)病院建設における実務上の注意点~どう選ぶ、ゼネコン!?~

学びのポイント

経営改善で最も改善が困難なのは建替え投資の失敗。本講座では、医療機関経営で最も大きな投資を失敗しないための重要な考え方と手法を学びます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

【無料講座!】

M&A(第三者承継)という選択肢、する側、される側の要諦とは!

経営戦略9

事業拡大戦略講座 ~失敗しないM&A~

医療法改正による地域医療連携推進法人がスタート。それは、地域再編に向けた一つの序章の始まりです。本講座は、医療機関におけるM&A(第三者承継)を、譲渡する側、される側、双方で失敗しないためのポイントを学びます。 M&Aは、単純に金銭による譲渡の成立が「成功」ではなく、最終的には譲渡後の運営が上手くいかなければ「失敗」といえます。それは、譲渡側、譲受側、双方の想いや意思決定プロセス等の理解深耕とそれぞれのステージにおける実務的なフローのポイントを理解することが失敗しないための要諦です。

内容

地域医療連携推進法人のポイントと実例解説を学ぶ

・地域医療連携推進法人は地域再編を促すか
・地域医療連携推進法人の実例とポイント

医療機関におけるM&A、3つスキームを学ぶ

・「合併」、「事業譲渡」、「統合」の3つの選択肢
・3つの選択肢の活用とメリット、デメリットを学ぶ

医療機関のM&A、実務フローとポイントを学ぶ

・M&Aを行う際の実務的なフローを学ぶ
・譲渡側、譲受側のそれぞれの論点を学ぶ
・ステークホルダーとの関係性も考慮する

成功するM&A・失敗するM&Aの違いを実例から学ぶ

・成功と失敗、何が成否を分けるのか
・成功事例と失敗事例から学ぶ

学びのポイント

M&Aは、譲渡する側、される側、それぞれの論点を理解しておくことが成功の秘訣の一つです。大きく3つに分類される医療機関のM&A、その手法とポイントを学ぶことができます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

専門家任せではいけない、医療法人承継対策!成功の第一歩は、自ら承継の選択肢とポイントを理解することから始まる。

経営戦略10

安定的事業承継戦略講座 ~失敗しない事業承継~

増える事業承継。徐々に検討段階に入っている経営者も多いのではないでしょうか。事業の永続性において重要な意味を持つ事業承継は、意思決定のあり方によって承継後の事業の成否は大きく変わってきます。 本講座は、承継する、または準備を始めるにあたり、外部の専門家任せにするのではなく、承継にあたっての制度理解やそのメリット・デメリットを理解することで、安定的な事業承継を目指すための学びを得ることを目的としています。成功、失敗、双方の豊富な実例を基に、よりリアルに学ぶことができます。

内容

医療法人の出資持分の評価方法のポイント

・出資持分の評価方法で大きく変わる
・出資金評価、「出資金単価」と「口数」を同時に対策!

出資持分ありから出資持分なしへの移行

・持分なし医療法人に移行する際の留意点
・タイミングによって大きく変わる相続税課税の違い

認定医療法人制度の徹底解説と活用

・「画期的」と評価される新認定医療法人制度、何が変わった?
・認定医療法人、どのタイミングが適切なのか?

出資持分の贈与と譲渡、払戻しのポイント

・相続税、贈与税改正による税率変更による影響とは
・医療法人の出資の払い戻しのポイント

成功する承継・失敗する承継の違いを実例から学ぶ

・成功と失敗、何が成否を分けるのか
・成功事例と失敗事例から学ぶ

学びのポイント

事業承継は、事業規模や現行の法人形態等により様々な選択肢があります。本講座では、外部の専門家任せにするのではなく、承継にあたって理解しておかなければならない知識とポイントを学ぶことができます。

【申込方法】

お申し込みは下記の地域名からお申込み頂けます。

 

『私たちは「1日で学ぶ病院経営」を応援しています』

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲オーシャンスクエア22F TEL:03-5781-0600

主催・運営

© 2019  NKアカデミー

NKグループロゴ.png