アンケート結果

(満足度調査)

受講者の声

医療法人 熊愛会 リハビリテーション科/課長様

 私は現在リハビリテーション科に在籍しており課長の役職を 担っております。病院の経営についての会議なども参加させてい ただいており、部門の業績分析や今後の展望など、経営につい ての発言を要求されることもあります。その際に病院経営の基本 を理解していないと積極的な発言ができないと感じており、経営 についての知識を深める必要性を痛感していました。また、リハ ビリ部門においても診療報酬改定を意識しながら来期の目標な どを模索しているところです。医療・介護制度の全体を理解して いないと方向性を見出すことはできないと感じており受講をさせ ていただきました。

 アジェンダが段階を追って5項目に分かれておりとても理解し やすい構成となっていました。国がどの方向に医療・介護を導こ うとしているのかを理解しておかなければ、病院の方向性が定ま らないものであると感じました。また、病院の発展には経営理論 だけでなく、医療の質にこだわり、追及していくことが重要である ことを再確認しました。今後は自分の病院が地域においてどのよ うな役割を担っていくべきか、地域に積極的に出向いて情報を収 集して必要とされる存在になっていかなければならいと感じまし た。今回の受講は、現在自分の立場で何を考え、実行して行かな ければならないかが明確になりとても勉強になるものでした。

社会医療法人 加納岩/財団事務局 局長様

 まず「1日で学ぶ病院経営講座」という名前に惹かれました。 当グループは急性期から、回復期、精神科の病院機能を有してい ます。グループ全体、そして各病院が現在の医療情勢、病院経営 ノウハウを共通認識として捉えるために、各病院での受講を促し ました。

受講内容は分かりやすいものでした。講座内では生産性(薬 剤・栄養指導)の向上など、直ぐに院内で取り組める内容が含ま れており、各病院での生産性向上を早速取り組んでいます。また 病院経営を各項目に分解することで、将来的にグループ、各病院 がどのような方向性をとるべきかを具体的に考える機会が得られ ました。

公益財団法人がん研究会/経営本部 副本部長様

 病院経営の困難性は、計数分析は重要ではあるが、さらに重要なのは、多職種が混在しており、患者の生命と直接向き合う、利益追求とは相容れがたいということを良く理解することと、概ね、決められた収益構造であること。しかしながら、民間病院である以上は、収入に見合う「採算性」と「効率性」が求められると同時に強力なガバナンスと運営ノウハウが必要であるということ。この二つの左右バランスをとることが、重要です。通常の病院経営(運営)に関する講習会、セミナーなどは、概論や計数分析のみに終始しており、ほとんど同じ傾向となっています。

 しかしながら、日本経営の講師陣は、現場に入り込んで、同じ釜の飯を食い、もっとも底辺の部分から改善に加わり、深く切り込めるノウハウがあり、大変価値がある講義内容と感じました。病院業務の改善は、数値分析だけでなく、現場の中の多岐に渡る改善点をどのように洗い出し同じ目線で行動できるノウハウが非常に重要と感じており、日本経営の講義内容はそのようなものが体感できる内容と感じました。

医療法人 熊愛会/理事長様

 2025年に向けて医療・介護の改革が加速する中で、病院を 取り巻く経営環境の変化を実感しています。入門編の受講は3 回目。過去のセミナー受講時に、医療政策の見通しについて学 び、当院が今置かれている状況やポジションを知り、病院経営の 基礎構造を学ぶことで当院の課題を明確にすることができまし た。今後の戦略を立てるにあたって当院の現状を確認し、今後も 当院が地域において安定的かつ永続的な医療提供を行う病院と して生き残っていくための課題を確認するために受講を希望し ました。  

 病院の取り巻く環境や病期別の特徴、病院収入・費用の基礎の 再確認ができ、今後の当院の課題と方向性が見えてきました。今 回は特に、病院経営の良し悪しは外部因子よりも内部因子、人材 育成が非常に大事であるとの話に共感しました。当院の医療の 質へのこだわりを大切に、組織力を高めてより経営の良い病院を 目指すためにも、管理者に最も受講してもらいたい講座です。

『私たちは「1日で学ぶ病院経営」を応援しています』

〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲オーシャンスクエア22F TEL:03-5781-0600

主催・運営

© 2019  NKアカデミー

NKグループロゴ.png